WORKNC CAD/CAM 2021 New Release
WORKNC CAD/CAM 2021 New Release
WORKNC CAD/CAM 2021 New Release
WORKNC CAD/CAM 2021 New Release

WORKNC 2022.0

DESIGNER Companion

高度な金型加工の世界的リーダーソリューションであるWORKNCは、ソリューションワークフローにDESIGNERを追加することにより、ポートフォリオを強化します。 有効な保守契約を結んでいるWORKNCのお客様は、製造用のダイレクトモデリング、ハイブリッドモデリングCADツールの恩恵を受けることができます。 穴やポケットのキャップ、面の修復、サーフェスの延長など、事前にモデルを準備することで、その後の作業がはるかに簡単になります。

DESIGNERは、最高のHexagonテクノロジーを搭載した最先端のモデリング機能を提供します。 シンプルで強力な「CAM送信」コマンドは、CADアプリケーションから直接WORKNCワークゾーンを作成し、切削形状、ストック、カーブ、サーフェスリストなどのCAM要素を自動的に作成します。


パラレル仕上げ加工の改善

統合された最新のパラレル仕上げツールパスは、等高線仕上げ加工と走査線仕上げに置き換わる機能を備えます。より高速で信頼性の高いこのツールパスは、すべてのHexagonの3軸ツールパス補正の技術基盤となっています。 あらゆる工具形状でのツールパス補正と新たに追加された「3Dスパイラル」オプションを使用した場合、以前の4分の1の時間で計算します。


輪郭隅部加工

ユーザーが任意の工具形状を選択できるAdvanced Toolformを備えたWORKNC2022.0輪郭隅部加工により、削り残しの仕上げがよりシンプルで強力になりました。また、このツールパスは、3Dストック更新を用いた場合、約3倍の速さで実行されるようになり、工具プロファイルを含めた工具、コーナースムージングR、異なる角度からの加工による削り残りなど削り残り範囲を正確に検出することができます。


Advanced Toolformに追加された新5軸ツールパス

WORKNC 2022.0は、あらゆる工具形状を使用した5軸加工のツールパスを向上させます。5軸-オフセット仕上げ加工、5軸-パラレル仕上げ加工、5-軸カーブ加工などのツールパスにより、バレル工具、レンズ工具、その他のユーザー定義の形状の工具を使用して、高速で信頼性の高いツールパスを作成することができます。これらの工具を使用することで、加工時間を短縮して表面仕上げを大幅に改善することができます。


カーブプロファイル加工(2022.0)

WORKNCはワイヤーフレーム加工の最新技術を導入し、既存のプロファイル加工と隅部カーブ加工の置換えを目的とし、加工工程数の削減に貢献します。


円錐フィーチャーのネジ山加工

WORKNCは精密な円錐フィーチャーのネジ山加工をプログラミングでき、WORKNCの穴加工の自動化機能を拡張します。


NCSIMUL Standardの統合

WORKNCは、Hexagonのシミュレーション・検証アプリケーションであるNCSIMULとの連携を強化しました。Standardバージョンでは、WORKNCで作成したNCコードをインポートし、複数のツールパス間のすべてのリンクを含めて検証することができ、プロセスのデジタルツインが完全にシミュレーションされ、検証されていることを保証します。